接待の食事マナーとは?成功のためのポイント

  • 小野
  • 2024年5月15日
  • 0 comments

接待の場での食事マナーは、ビジネスのシーンでの印象に大きく影響する重要な要素です。まず、接待を成功させるためには、開始時間の15~20分前に会場に到着することが望ましいです。早めに到着することで、店のスタッフと打ち合わせを行い、トイレや喫煙エリアの位置、上座の確認など、細かな準備をする時間が取れます。ゲストが到着する前に自身の準備が整っていると、落ち着いて接待を始めることができます。

接待の席では、店員さんへの対応も重要です。横柄な態度は避けるべきです。例えば、店員さんが飲み物を運んできた際には「ありがとうございます」と感謝の言葉を添えるなど、常に丁寧に接しましょう。店員さんに対しても礼儀を守ることで、ゲストに好印象を与えることができます。

お酌のマナーも重要です。相手のグラスが空になったら、一声かけてからお酌をします。例えば、ビールを飲んでいる場合には「次もビールでよろしいでしょうか」と尋ねると良いでしょう。お酌をする際は両手で行い、お酌を受ける際も、右手でグラスを持ち、左手は底に添えるのがマナーです。また、アルコールを飲めない場合には、「体質的に飲めなくて……」などと柔らかく断ることで、場の雰囲気を壊さずに済みます。

会計時は、さりげなく席を外して、こっそり済ませるのがポイントです。テーブル会計の場合も、事前にスタッフに相談して、見えないところで会計を済ませると良いでしょう。クレジットカードを利用する際は、使用可能か事前に確認しておくことも重要です。

お見送りも接待の一環として大切です。ゲストが「そろそろお開きにしましょうか」と言ったら、一度は「もう少しご一緒に……」と引き止める気遣いも重要です。相手に名残惜しさを伝えることができます。手土産はお見送り時に渡しましょう。袋に入ったまま渡す場合は、「袋に入ったままで失礼します」と一言添えると良いです。手土産は会食中、お店に預かってもらうと便利です。

接待の成功は、細かなマナーの積み重ねにかかっています。この記事を参考に、次回の接待をスムーズかつ成功に導いてください。